独断と偏見で楽しく教育を語る

仕事大好きな現役の小学校教員が、学校やお家で活かせる指導法などを語るブログです。同じ仕事をしている方はもちろん、教員を目指している方、小学生のお子さんがいらっしゃる方(保護者さん)、いろいろな方の参考になればいいなと思います。

【漢検】部首②【頭の体操10問】

f:id:RICO_Ysan:20220415092221j:plain

こんにちは、Yです。

 

私の復習のために始めた頭の体操10問シリーズです。

今回は『部首』を10問ピックアップしました。

みなさんも頭の体操にぜひ解いてみてくださいね。

 

(1)『部首』とは

その名の通り漢字の部首を答える問題です。

過去の漢検では部首名を答える必要がなく、部首を抜き出すだけでよいことになっています。

 

(2)出題

1.塁

2.韻

3.呉

4.宵

5.唇

6.誓 

7.塾 

8.獣 

9.薦 

10.癒

 

(3)解答

1.塁 (土 つち)

2.韻 (音 おと)

3.呉 (口 くち)

4.宵 (  うかんむり)

5.唇 (口 くち)

6.誓 (言 げん)

7.塾 (土 つち)

8.獣 (犬 いぬ)

9.薦 (  くさかんむり)

10.癒 (  やまいだれ)

 

(4)まとめ

いかがでしたか。

難しいものが混ざってくると、「うかんむり」や「くさかんむり」が出てきたときに「本当にこれでいいのか…?」と疑ってしまいます。

私の勝手な感覚ですが、漢検対策用の問題集などを解いていると、「口 くち」がよく出てくる気がします。しかし、「どうせこれも口でしょ。」なんて考えていると簡単に間違えるので、やはり難しいなと感じます。ちなみに「君」という字も部首は「くち」だそうです。初めて知りました。

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。
スター、コメント、B!ブックマーク等、とても励みになっております!

頑張って更新しますので、よろしくお願いいたします(∩´∀`)∩

参加しています。クリックしていただけると嬉しいです(∩´∀`)∩

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村