独断と偏見で楽しく教育を語る

仕事大好きな現役の小学校教員が、学校やお家で活かせる指導法などを語るブログです。同じ仕事をしている方はもちろん、教員を目指している方、小学生のお子さんがいらっしゃる方(保護者さん)、いろいろな方の参考になればいいなと思います。

何事もまずは『知る』こと『触れる』ことから

f:id:RICO_Ysan:20220207114314j:plain

こんにちは、Yです。

 

冬季オリンピックが始まりましたね。

 

夏季オリンピックにはめちゃくちゃ熱い私なのですが、冬季オリンピックについてはあまり詳しくありません。

お恥ずかしい話なんですが。

 

その理由の1つとして、自分がやったことのある競技がほとんど無いということが挙げられると思います。

夏季オリンピックは、バスケットボールやバレーボール、陸上や水泳など、一度は触れたことのある競技が多いのです。

小・中学校でも取り組む種目なので、ほとんどの人が経験している競技だと思います。

しかし、冬季オリンピックとなると、スケートやスノーボードなど、やろうと思わなければやる機会の無いものが多いんですよね。

私もスケートやスノーボードはそれぞれ数回しかしたことが無いですし、当たり前ですがスキージャンプなどは経験がありません。

そうなると、なかなか興味が湧かなかったのです。

 

しかし今回、育休中&コロナで家にいる時間が長く、いろいろな種目を観戦する機会が増えました。

すると、知らなかった競技もすごく面白いんです。

ルールなどを学び、日本の選手を応援していると、何で今まで見なかったんだろうと思えるくらい白熱してしまうのです。

 

思い返してみれば、昨年の東京オリンピックでも初めて見た競技に興奮していました。

スケートボードやサーフィンなどです。

 

今回改めて、何事もまず『知る』『触れる』ということが大切だなと感じました。

 

しばらくは応援に熱が入りそうです。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。
スター、コメント、B!ブックマーク等、とても励みになっております!

頑張って更新しますので、よろしくお願いいたします(∩´∀`)∩

参加しています。クリックしていただけると嬉しいです(∩´∀`)∩

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村