独断と偏見で楽しく教育を語る

仕事大好きな現役の小学校教員が、学校やお家で活かせる指導法などを語るブログです。同じ仕事をしている方はもちろん、教員を目指している方、小学生のお子さんがいらっしゃる方(保護者さん)、いろいろな方の参考になればいいなと思います。

小学生のテスト解答に笑い広がる【気になるニュース67】

f:id:RICO_Ysan:20211112093844j:plain

こんにちは、Yです。

 

今日は気になった記事の紹介です。

こちら。

article.yahoo.co.jp

 

理科のテストで『支点・力点・作用点が理解できているかを確認する問題です。

パンばさみでパンを掴んでいるイラストとともに、「イの部分は力点です。アは何ですか。」と問われています。

それに対してお子さんは「あんぱん」と解答したようです。

確かにアはパンを指しているんですよね。

正しい答え、というか、こちらが意図している答えは「作用点」です。

 

思わず笑ってしまうんですが、わりと他人事ではありません。

この問題の出し方だと、「あんぱん」でも間違いではないですよね。

こちらが意図している答えではないというだけで、問題文に対する答えとしては間違っていません。

「アは何ですか。」「あんぱん。」ですからね。おかしくないです。

なので、例えば「アの部分は何ですか。支点・力点・作用点の中から選びましょう。」という問題文にするなどして、誤答を避ける必要があります。

習った範囲だから「作用点」と答えるだろうと、雰囲気で出題してはいけないということですね。

 

ほとんどの小学校は購入したテストを使っていると思うので、こういった点も注意してみておかないといけません。

 

ちなみに私も、ひらがなプリント(絵を見てそのものの名前を書く形式)などで「親でも何のイラストかわからない。」と言われたことがあります。

保護者さんは「家族で、〇〇じゃないか?いや、△△だろう。と盛り上がりました。」と笑い話にしてくださっていましたが、わかりにくいものは避けないといけないなと感じました。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。
スター、コメント、B!ブックマーク等、とても励みになっております!

頑張って更新しますので、よろしくお願いいたします(∩´∀`)∩

参加しています。クリックしていただけると嬉しいです(∩´∀`)∩

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村