独断と偏見で楽しく教育を語る

仕事大好きな現役の小学校教員が、学校やお家で活かせる指導法などを語るブログです。同じ仕事をしている方はもちろん、教員を目指している方、小学生のお子さんがいらっしゃる方(保護者さん)、いろいろな方の参考になればいいなと思います。

算数の教科書を全学年分図書館で借りてみた

f:id:RICO_Ysan:20211105090620j:plain

こんにちは、Yです。

 

昨日娘と図書館へ行き、ずっとやりたかったことをやってみました。

教科書一気借りです。

 

1年生〜6年生までの算数の教科書を全部借りてきました。

 

今までもやりたかったんですが、どれか1冊が無いなどで出来なかったのです。

ついにこの機会が…!と嬉しくなって、計11冊をまとめて借りてしまいました。

 

なぜそんなことをしたのかというと、小学校で習う算数の内容を、系統ごとにまとめたいと思っていたからです。

 

例えば、5年生で分数を教えるときに、今までの学年では分数の何をどうやって教わったのだろう、6年生では分数の何を習うんだろうと考えます。

今までに教えたことのある学年だとイメージは出来ますが、改めて調べ直す時間はあまりありません。

正直、自分が教えている学年の内容を研究するだけで精一杯です。

教科書も、基本的には自分の学年のものしか持っていないので、学校にある予備の教科書を占領してしまうのも気が引けます。

 

そこで、育休中に時間があれば、系統別に全て目を通し、研究しておきたいと思っていたのです。

 

ちなみに小学校で習う算数は、大きく4つの系統に分けられています。

A 数と計算 (四則演算、分数、小数、概数など)

B 図形   (平面図系、立体図系、円周率など)

C 測定   (長さ、重さなど)

D データの活用 (表やグラフなど)

 

この系統に沿って、図形なら図形で、1年生〜6年生の図形分野のみを追っていきたいわけです。

 

実際に働きながら出来ることではないので(圧倒的に時間が足りないのです)、今がチャンスだと思っています。

どこまで出来るかはわかりませんが、復帰したときに活かせるよう、少しずつまとめていきたいと思います。

 

余談ですが…

Y子さんをベビーカーに乗せて教科書を11冊抱えている私を見た図書館の職員さんが、「えっ!?」という顔をしていました。

もしかしたら、めちゃくちゃ早期教育をしようとしている母だと思われたのかもしれません。

ただの趣味なんですけどね。

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。
スター、コメント、B!ブックマーク等、とても励みになっております!

頑張って更新しますので、よろしくお願いいたします(∩´∀`)∩

参加しています。クリックしていただけると嬉しいです(∩´∀`)∩

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村