独断と偏見で楽しく教育を語る

仕事大好きな現役の小学校教員が、学校やお家で活かせる指導法などを語るブログです。同じ仕事をしている方はもちろん、教員を目指している方、小学生のお子さんがいらっしゃる方(保護者さん)、いろいろな方の参考になればいいなと思います。

スーパーで見かけたおじいさんが素敵だった話

f:id:RICO_Ysan:20210910134027j:plain

こんにちは、Yです。

 

近所のスーパーでの出来事が印象深かったので、今日はそのことを書きたいと思います。

 

先日、いつも行くスーパーで小学生くらいのお子さん2人が走り回っておりました。

しかも大声で叫びながら。

お互いの手を引いたり急に離したりと、周りの人にとっても危ない状況です。

 

職業柄、小学生くらいのお子さんがルール違反やマナー違反をしていると反応してしまいます。

しかし、場所は自宅近くのスーパー。

仕事中でも無ければ、知っているお子さんでもありません。

内心「むむ…。」と思いましたが、近くに来たら「危ないよ。」と声をかけるくらいにしようと思っていました。

悲しいことに、子どもを注意されたと怒ってくる親御さんもいらっしゃいますからね…。世知辛い世の中です。

 

こんな感じでYさんが保身に走っていると、近くにいたおじいさんがツカツカと子どもたちに近づいていきました。

そして一言。

 

「危ないやろ。君らも危ないし周りの人も危ない。迷惑かけるなら来たらあかん。」

 

それだけ言って去っていきました。

カッコいい…。

子どもたちは一瞬ポカンとした後、おとなしくなりました。

 

今の時代、なかなかこのおじいさんのような方はいません。

私も保身に走ってしまいました。

本当にありがたい存在ですね。

 

理不尽に怒る人になっていけませんが、今回のように危険な場合や周りに迷惑をかける場合は言っていかなければならないと感じました。

おじいさん素敵でした。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。
スター、コメント、B!ブックマーク等、とても励みになっております!

頑張って更新しますので、よろしくお願いいたします(∩´∀`)∩

参加しています。クリックしていただけると嬉しいです(∩´∀`)∩

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村