独断と偏見で楽しく教育を語る

仕事大好きな現役の小学校教員が、学校やお家で活かせる指導法などを語るブログです。同じ仕事をしている方はもちろん、教員を目指している方、小学生のお子さんがいらっしゃる方(保護者さん)、いろいろな方の参考になればいいなと思います。

コロナ禍における子どもたちの変化

f:id:RICO_Ysan:20210907093741j:plain

こんにちは、Yです。

 

先日、久しぶりに電話で話した友人から聞いた話です。

友人も教員です。

 

コロナ禍で教育現場もいろいろと変化があったのですが、中でも悲しいのは、自分から挨拶をする子が減ったことだそうです。

全員マスク着用、極力会話は控える、という状態が1年半ほど続いているので、その影響だと考えられますね。

 

少し前にも、「黙食を徹底させているが、本来目指している子どもの姿ではないので辛い。」と話している先生をニュースで見ました。

 

コロナ禍である以上仕方のない部分もありますが、やはり子どもたちの本来あるべき姿ではないな…と感じてしまいます。

感染予防を第一に考えるのはもちろんですが、子どもたちの健やかな成長は妨げたくないものです。

それらを両立させようと思うと、とても難しいです。

現場の先生方の苦労と努力を想像すると頭が下がります。

 

子どもたちが今まで通りの学校生活を送れるのは、いつになるのでしょうか。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。
スター、コメント、B!ブックマーク等、とても励みになっております!

頑張って更新しますので、よろしくお願いいたします(∩´∀`)∩

参加しています。クリックしていただけると嬉しいです(∩´∀`)∩

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村