独断と偏見で楽しく教育を語る

仕事大好きな現役の小学校教員が、学校やお家で活かせる指導法などを語るブログです。同じ仕事をしている方はもちろん、教員を目指している方、小学生のお子さんがいらっしゃる方(保護者さん)、いろいろな方の参考になればいいなと思います。

【育児×教員㉛】赤ちゃんリュック完成 ミシンが使えてよかった話

f:id:RICO_Ysan:20210709113011j:plain

こんにちは、Yです。

 

以前ただの報告文のように書いてしまったこちらの記事。

rico-ysan.hatenablog.com

 

この記事で書いていた『赤ちゃんリュック』の話です。

 

我が家の娘、乳児のY子さん。

少しずつ1歳の誕生日が近づいています。

プレゼントは他にもいろいろ考えているのですが、手作りのものも用意したいと思いつきました。

そこで作り始めたのがリュックです。

 

もともとYさんは裁縫が好きで(けして得意ではない)、Y子さんが産まれる前の産休中も、ガーゼハンカチやスタイ、ベビードレスなどを作っていたのです。

ミシンは使うことがなければ使い方を忘れてしまうので、家庭科で教える機会があってよかったな~なんて感じていました。

 

そして今回のリュック。

難易度で言えば、ベビードレスなどよりは簡単だったと思います。

問題は時間です。

Y子さんの世話をしながらなので、なかなか時間が取れないのです。

加えて、裁縫となれば針やら細かいパーツやら、赤ちゃんのそばに置いておけないものも多い。

そういった理由で、以前よりも苦戦しました。

 

何とか目標にしていた七夕までには完成し、ほっとしています。

夫は完成品を見て喜んでくれていましたが、よく見ると縫い目が粗かったり少し歪んでいたりして、不格好なところも多いです。

それでも、Y子さんが背負っているところを見るのは楽しみで、大きくなったときに『嬉しい!』と感じてもらえたらいいな~と思っています。

 

写真を載せようかと思いましたが、人様に発表できるほどの作品ではないのでやめました(笑)

だいたいこんな感じです。

f:id:RICO_Ysan:20210709112522j:plain

 

上でも書きましたが、家庭科の授業があるとミシンの使い方を忘れません。

しかも、ミシンが出来ると家庭科の時間に重宝されるので嬉しいんですよね。

高学年のクラス担任だったら、家庭科の時間にめちゃくちゃ尊敬されます(笑)

育休中にもう少し腕を上げておきたいものです。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。
スター、コメント、B!ブックマーク等、とても励みになっております!

頑張って更新しますので、よろしくお願いいたします(∩´∀`)∩

参加しています。クリックしていただけると嬉しいです(∩´∀`)∩

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村