独断と偏見で楽しく教育を語る

仕事大好きな現役の小学校教員が、学校やお家で活かせる指導法などを語るブログです。同じ仕事をしている方はもちろん、教員を目指している方、小学生のお子さんがいらっしゃる方(保護者さん)、いろいろな方の参考になればいいなと思います。

七夕の短冊から時代を感じた話

f:id:RICO_Ysan:20210628094133j:plain

こんにちは、Yです。

 

もうすぐ七夕ですね。

近所のスーパーでは、先週から笹が飾られ、お客さんが短冊を書くコーナーが設置されました。

今日ふと短冊を見てみると、近所の子どもたちがたくさん願い事を書いていました。

 

『コロナがなくなりますように。』

『早く旅行に行きたいです。』

『おじいちゃんやおばあちゃんに会いたいな。』

『コロナの薬が早く出来ますように。』

 

時代だなぁ…と感じました。

子どもたちの願い、なんだか苦しくなりました。

一昨年までは、『お小遣いもっと欲しい。』とか、『新しいゲームがしたい。』とか、そういったことが多かったんですよね。

今の子どもたちの1番の願いってこれなんだなぁ…と、スーパーで切ない気持ちになってしまいました。

 

ただ、よく考えてみると、子どもに限らずみんなそうかもしれませんね。

私も何を願うかと聞かれたら、『Y子さんの健やかな成長。』が1番ですが、『以前のような生活に早く戻りたい。』も当然挙がってきます。

 

オリンピックも近づいてきましたし、感染のリバウンドが怖いです。

しかし、大阪は4月1日以来久しぶりに亡くなった方がいなかったそうで、明るいニュースも増えています。

なんとかこのまま終息に向かってくれることを願います。

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。
スター、コメント、B!ブックマーク等、とても励みになっております!

頑張って更新しますので、よろしくお願いいたします(∩´∀`)∩

参加しています。クリックしていただけると嬉しいです(∩´∀`)∩

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村