独断と偏見で楽しく教育を語る

仕事大好きな現役の小学校教員が、学校やお家で活かせる指導法などを語るブログです。同じ仕事をしている方はもちろん、教員を目指している方、小学生のお子さんがいらっしゃる方(保護者さん)、いろいろな方の参考になればいいなと思います。

【おすすめ本㊱】『かさ』【全学年】

f:id:RICO_Ysan:20210602085605j:plain

こんにちは、です。

 

今回は、本をおすすめするシリーズ第36弾です。

 

昨日から6月ですね。

今年は梅雨入りが早かったようで、先月雨が続いた時期がありました。

今週も明日からは雨だとか…。

 

少し気持ちが憂鬱になりがちな雨の日ですが、そんなときは雨に関する絵本を読むチャンス。

ということで、雨に関する絵本を紹介したいと思います。

 

第36はこちら。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~

『かさ』

 作・絵:太田 大八

~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 

 

 

(1)どんなお話?

真っ赤な傘をさして、大きな黒い傘を抱えた女の子が歩いています。

友だちとすれ違ったり、歩道橋を渡ったりしながら進んでいきます。

どうやら、駅までお父さんを迎えに行くようです。

文字は無く、お父さんに会うまでの小さな出来事が、黒一色の絵で描かれています。

女の子の傘だけが赤で描かれており、それがまた印象的です。

 

(2)おすすめポイント

  • 文章が無く、絵を読んでいくタイプの絵本なので、自分でいろいろ想像出来る。

  • 黒一色の中で女の子のかさだけが赤く、ページの中で存在感がある。

  • 自分でセリフを考えたり、物語を作ったりすることも出来る。

  • 雨の中お父さんを迎えに行くというシチュエーションが素敵。

  • 大人が読んでも味わい深い。

 

(3)まとめ

今回は『かさ』という本を紹介しました。

大勢に対しての読み聞かせでも、1対1の読み聞かせでも楽しい絵本です。1人でじっくり読むのもとても良いです。

雨の日も楽しい気持ちになれる1冊です。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。
スター、コメント、B!ブックマーク等、とても励みになっております!

頑張って更新しますので、よろしくお願いいたします(∩´∀`)∩

参加しています。クリックしていただけると嬉しいです(∩´∀`)∩

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村