独断と偏見で楽しく教育を語る

仕事大好きな現役の小学校教員が、学校やお家で活かせる指導法などを語るブログです。同じ仕事をしている方はもちろん、教員を目指している方、小学生のお子さんがいらっしゃる方(保護者さん)、いろいろな方の参考になればいいなと思います。

【育児×教員㉕】娘、ついに一歩を踏み出す

f:id:RICO_Ysan:20210531090101j:plain

こんにちは、Yです。

 

ここ最近成長が著しい我が家の娘、乳児のY子さん。

先月つかまり立ちが出来るようになって、驚いていました。

それから早1ヶ月。

立ったままおしりをふりふりするだけだったのですが、先日ついに、1歩前へ…!

よろけたときに思わず1歩出たという感じで、本人も「あれ?転んでない…。」と不思議そうな顔。

それで感覚を掴んだのか、足を前に出そうとするようになりました。

 

ますます目が離せないのが大変ですが、出来ることが増えていくのは嬉しいものですね。

ついいろいろと先回りして助けようとしてしまいますが、ぐっと我慢して見守ることも大切だなと、最近思うようになりました。

担任時代はそういうスタンスでやっていたはずなのに、自分の娘となると難しいです。

 

「失敗から学ぶことがある」なんてよく言いますが、本当にそうだと思います。

失敗すること自体も時には必要ですし、失敗した後どうするかを考えることも必要です。

 

娘が1歩踏み出したことに関しても、転びそうになるたびに毎回助けてあげていたら、1歩踏み出そうとする機会を奪うことになっていたはずです。

 

でも実際は心配なことも多く…バランスが大事だなと思います。

難しいですが。

 

次は、何にもつかまらずに1人で立つのでしょうか。

危険なことには気をつけつつ、見守っていきたいと思います。

 

f:id:RICO_Ysan:20210531110719j:plain

最後まで読んでいただきありがとうございました。
スター、コメント、B!ブックマーク等、とても励みになっております!

頑張って更新しますので、よろしくお願いいたします(∩´∀`)∩

参加しています。クリックしていただけると嬉しいです(∩´∀`)∩

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村