独断と偏見で楽しく教育を語る

仕事大好きな現役の小学校教員が、学校やお家で活かせる指導法などを語るブログです。同じ仕事をしている方はもちろん、教員を目指している方、小学生のお子さんがいらっしゃる方(保護者さん)、いろいろな方の参考になればいいなと思います。

松井市長『社会人として外に出たことあるんかな。』【気になるニュース㊸】

f:id:RICO_Ysan:20210522092041j:plain

こんにちは、Yです。

 

木曜日に読んだ記事です。

www.tokyo-sports.co.jp

 

2日間考えていたんですが、酷いな…と思います。

現場の先生方や保護者の皆さま、そして子どもたちのために、学校名も名前も出して意見を述べてくださった校長先生。

 

記事から一部抜粋させていただくと…

久保校長は18日、端末の配備や通信環境の整備が不十分なままオンライン授業を導入し、現場を混乱させたなどとする書面を松井氏宛てに送付した。

 とあります。

 

その先生に対して「社会人として外に出たことはあるんかなと思いますね。」とは…。

現場を見ているからこそのご意見だと思うのですが、ここまで跳ね返されるんですね。

 

さらに悲しかったのは、校長先生の「学校側も疲弊している。」という意見に対する言葉。

「疲弊してやりがいが見つけられないんやったら、違う仕事を見つけたらいい。」

そういうことではないんですよ。

 

やりがいはあります。

 

現場の先生方は、この1年以上、本来の業務に加えて本当に本当に努力されています。

今回のオンラインに対しても、新学期で時間がカツカツの中、練習をするなど出来る限りの手を打とうとしていたと思うんですよ。

ただ、満足に体制も整っていないまま「オンラインやります。」と言われてしまって、結局回線が繋がらないなどの不備が出てきて、必要以上の苦労をしていると思うんです。

それを「疲弊している。」と表しているわけです。

それなのに、「違う仕事を見つけたらいい。」なんて。

 

教員という仕事を好きでやっている大阪の先生たちは、この発言を聞いて本当に悲しいだろうと思います。

私も悲しいです。

 

意見を述べてくださった校長先生には、全く関係の無い身ですが感謝したいと思います。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。
スター、コメント、B!ブックマーク等、とても励みになっております!

頑張って更新しますので、よろしくお願いいたします(∩´∀`)∩

参加しています。クリックしていただけると嬉しいです(∩´∀`)∩

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村