独断と偏見で楽しく教育を語る

仕事大好きな現役の小学校教員が、学校やお家で活かせる指導法などを語るブログです。同じ仕事をしている方はもちろん、教員を目指している方、小学生のお子さんがいらっしゃる方(保護者さん)、いろいろな方の参考になればいいなと思います。

【育児×教員⑲】母、腱鞘炎が治らない

f:id:RICO_Ysan:20210514092218j:plain

こんにちは、Yです。

 

先日こんな記事を書きました。

rico-ysan.hatenablog.com

たくさんお見舞いのコメントをいただき、ありがとうございました。

 

その後、整形外科へ行ってきました。

連休明けは混むだろうと予想して、人の少なそうな平日に行ったのですが、それでも超満員でした。

しかも待合室では大きめの声でおしゃべりをする方がたくさんいて、ちょっと入りたくない雰囲気。

仕方なく外で待つことに。

1時間ほど経ってようやく呼ばれました。

ずっと立っていたので疲れましたが、さすがに超満員&大声おしゃべりの中に入っていくのは怖いですからね。

 

結果はやはり腱鞘炎(わかっていたけど)。

今回も注射をしてもらい、帰宅しました。

当日は注射痕の痛みがありますが、経験上次の日には引くはずと思い耐えました。

 

ところがです。

 

1週間近く経つのに痛みが引きません。

注射痕の痛みではなく、もともとの腱鞘炎の方です。

これは良くない…。

 

腱鞘炎も酷いものは手術になると聞いたことがあります。(どの程度から手術になるのかはわかりませんが…)

今は出来るだけ病院に行くのを避けたいのに、もし手術なんて言われたら困る!

早めにもう一度整形外科を受診し、先生に相談したいと思います。

 

思い返せば、学生時代にも同じような症状になったことがありました。

教育実習生として小学校に通っていたとき、毎日記録をつけるのですが、記録魔のYさんはわざわざ指定の用紙の行数を増やして、極小の字で書き込んでいたのです(こんなことをしているから痛める)

そのときも確か腱鞘炎になった記憶があります。

腕の使い過ぎですね。

そのときもかなり痛かったですが、Y子さんが産まれてからの怒涛の腱鞘炎ラッシュに比べたら楽なものでした。

若かったのも関係しているかもしれません。

 

とにかく、早く治ることを願います。

手術は嫌です。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。
スター、コメント、B!ブックマーク等、とても励みになっております!

頑張って更新しますので、よろしくお願いいたします(∩´∀`)∩

参加しています。クリックしていただけると嬉しいです(∩´∀`)∩

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村