独断と偏見で楽しく教育を語る

仕事大好きな現役の小学校教員が、学校やお家で活かせる指導法などを語るブログです。同じ仕事をしている方はもちろん、教員を目指している方、小学生のお子さんがいらっしゃる方(保護者さん)、いろいろな方の参考になればいいなと思います。

【おすすめ本㉟】『すき好きノート』【全学年】

f:id:RICO_Ysan:20210513090137j:plain

こんにちは、です。

 

今回は、本をおすすめするシリーズ第35弾です。

 

母の日に便乗して、お母さんに関する本をいくつか紹介しています。

 

第35はこちら。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~

『すき好きノート』

 たにかわ しゅんたろう

~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 

 

 

(1)どんなお話?

左から開くと「すきノート」、右から開くと「好きノート」になります。

空いているところに、好きなものや好きなことを書き込んでいくタイプの本で、好きなものがいっぱい詰まった世界に1冊しかない本になります。

ガイドは谷川俊太郎さんです。

子どものページ「すきノート」には、子どもたちに呼びかける3行の詩が書かれています。

大人のページ「好きノート」には、谷川俊太郎さんが好きなものやことについてのエッセイが書かれています。

親子で作り上げることが出来る、とっても楽しい本です。

 

(2)おすすめポイント

  • 呼びかけの3行の詩で、子どもは思わず書きたくなる。(いちばんすきな やさいはなにかな?たくさんあっても ひとつだけ おしえて おしえて えにかいて)
  • エッセイを読むことで、大人も何か書きたいという意欲がわく。
  • 親子で取り組むことが出来る。
  • 話しながら一緒に書く、交互に書いて渡すなど、それぞれの家庭でいろいろな取り組み方が出来る。
  • 出来上がった本は世界に1冊しか無い。

(3)まとめ

今回は『すき好きノート』という本を紹介しました。

お母さんに関する本というよりは、親子で取り組むことが出来る本です。(もちろんお父さんとでも出来ますし、おじいちゃんやおばあちゃんと取り組んでもいいですね。)

この本は読み聞かせるようなものではないので、クラスでは使ったことがありません。

ただ、いつか紹介したいと思っている1冊です。

娘がもう少し大きくなったら、家でも使いたいと思っています。

母の日や父の日をきっかけに、親子でどうでしょうか。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。
スター、コメント、B!ブックマーク等、とても励みになっております!

頑張って更新しますので、よろしくお願いいたします(∩´∀`)∩

参加しています。クリックしていただけると嬉しいです(∩´∀`)∩

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村