独断と偏見で楽しく教育を語る

仕事大好きな現役の小学校教員が、学校やお家で活かせる指導法などを語るブログです。同じ仕事をしている方はもちろん、教員を目指している方、小学生のお子さんがいらっしゃる方(保護者さん)、いろいろな方の参考になればいいなと思います。

【おすすめ本㉛】『ワニぼうのこいのぼり』【低学年】

f:id:RICO_Ysan:20210428112751j:plain

こんにちは、です。

 

今回は、本をおすすめするシリーズ第31弾です。

 

5月に入るとすぐに『子どもの日』があります。

今回も子どもの日に関わる絵本を紹介していきたいと思います。

 

第31はこちら。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~

『ワニぼうのこいのぼり』

作:内田 麟太郎

絵:高畠 純

~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 

 

 

(1)どんなお話?

内田麟太郎さんのワニぼうシリーズです。

ワニぼうのためにらお父さんが鯉のぼりを買ってきてくれます。

気持ちよく泳ぐ鯉のぼりを見ているうちに、お父さんがワニのぼりに!

その後はいろいろな〇〇のぼりが登場します。

鯉のぼりになった気分で読める絵本です。

 

(2)おすすめポイント

  • いろいろな〇〇のぼりが出てくるので面白い。

  • 自分も鯉のぼりになった気分になる。

  • ワニぼうシリーズで、他の種類の絵本も読むことが出来る。

  • 内田麟太郎さんの他の絵本にも読書の幅を広げることが出来る。

 

(3)まとめ

今回は『ワニぼうのこいのぼり』という絵本を紹介しました。

 

 実際にはありえない設定ですが、ほのぼのしたストーリーで楽しく読むことができます。

こちらも子どもの日に向けて読みたい1冊です。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。
スター、コメント、B!ブックマーク等、とても励みになっております!

頑張って更新しますので、よろしくお願いいたします(∩´∀`)∩

参加しています。クリックしていただけると嬉しいです(∩´∀`)∩

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村