独断と偏見で楽しく教育を語る

仕事大好きな現役の小学校教員が、学校やお家で活かせる指導法などを語るブログです。同じ仕事をしている方はもちろん、教員を目指している方、小学生のお子さんがいらっしゃる方(保護者さん)、いろいろな方の参考になればいいなと思います。

緊急事態宣言時、大阪の市立小中学校は原則オンライン授業に【気になるニュース㉜】

f:id:RICO_Ysan:20210420123402j:plain

こんにちは、Yです。

 

いよいよ大阪はこんな事態に。

www.yomiuri.co.jp

 

昨日のテレビのニュースでは『災害レベルの感染』と言われていました。

災害レベル…いやはや、本当にそうですよね。

 

上の記事を読んで真っ先に思ったのは、先生たち知ってるのかな?ということでした。

昨年Yさんがまだ働いていたときも、「来週から休校です。(木曜日の夜に)」「学校で預かり業務を行います。」など、ニュースで知ることがたくさんありました。

現場の職員は「え!?」です。

 

さらに読み進めてみますと、家庭の事情でオンライン授業を受けられない児童は学校で見守ると書いてあります。

オンライン授業をしながら、登校している子どもたちの指導もするということですかね。

やったことないのでわかりませんが、かなり難易度が高そうです。

自分だったらと考えると、登校している人とオンライン上で参加している人、全員の出席確認をするだけでも手間取ってしまいそうです。

登校していないけどオンラインでも参加していない人には電話などで確認するんでしょうか。

もちろん、医療関係など仕事を休めない方のお子さんもいらっしゃるので、預かり業務自体は必要だと思います。

そこへオンライン授業が加わるとどうなるのか、どんな体制で臨むのか、その方法も上から下りてくるのでしょうか。

まさか丸投げなんてことは…。

 

まずはやってみないとわからないことが多いですし、オンライン体制を整えることには賛成です。

ただ、『現場の先生は知っているのか』『預かり業務と同時進行は難しそう』という2点が気になりました。

今後も注目しておきたいニュースです。

 

現場で働く先生方、本当にご苦労さまです。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。
スター、コメント、B!ブックマーク等、とても励みになっております!

頑張って更新しますので、よろしくお願いいたします(∩´∀`)∩

参加しています。クリックしていただけると嬉しいです(∩´∀`)∩

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村