独断と偏見で楽しく教育を語る

仕事大好きな現役の小学校教員が、学校やお家で活かせる指導法などを語るブログです。同じ仕事をしている方はもちろん、教員を目指している方、小学生のお子さんがいらっしゃる方(保護者さん)、いろいろな方の参考になればいいなと思います。

【小ネタ集⑮】遊び:『誕生日の輪ゲーム』で初対面の人とも仲良くなろう!

f:id:RICO_Ysan:20210409111942j:plain

こんにちは、です。

誰でも明日から使える小ネタを紹介していくシリーズです。

 

第15回は、全学年で取り組める『誕生日の輪ゲーム』です。

 

新学期など、新しいクラス・学年になったときに取り組む王道のゲームです。

いろいろな呼び方があるので、違う名前で知っているという方もいるかもしれません。

初めて出会う人ともコミュニケーションを取らざるを得ないゲームなので、新学期にぴったりです。 

 

 

 

(1)『誕生日の輪ゲーム』とは

誕生日の順番に並んで、輪になるゲームです。

4月1日からスタートし、3月31日で終わるようにします。

しかし、伝え合う時に声を出してはいけません。何とかして自分の誕生日を伝え、他の人の誕生日を把握し、自分がどこに並べばよいのかを判断します。

最後に全員発表していき、きちんと順番通りに並べていたら成功となります。

 

(2)ルール説明(Yさんのクラスでは…)

1.ルールの確認をする

  • 4月1日からスタートして、3月31日で終わる。
  • 制限時間を決める(だいたい3〜5分にしていました)。
  • 声を出さずに伝える。
  • 誕生日が同じ人は、どちらが先になっても良い。

 

2.スタート 

制限時間内に並んでいきます。サポートが必要な人は、少し手助けします。

 

3.答え合わせ

1番先の人を確認し、ぐるっと1周「○月○日です!」と言っていきます。

全員順番通りに並べていると、とても盛り上がります。

 

(3)まとめ

今回は、『誕生日の輪ゲーム』を紹介しました。

自分が並ぶ場所を見つけ出すためにはコミュニケーションをとることが必要なので、新学期にはぴったりです。また、誕生日という決まっているものを使うので、普段話さない人とも関わることが出来ます。声を出さないところもポイントです。何とかして伝え合おうとする気持ちになれます。

誕生日が近い人を知ることで、親近感がわくという点もメリットだと思います。同じ誕生日の人がいるとちょっと嬉しいですよね。

クラス替えの後などに、ぜひ取り組んでほしいゲームです。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。
スター、コメント、B!ブックマーク等、とても励みになっております!

頑張って更新しますので、よろしくお願いいたします(∩´∀`)∩

参加しています。クリックしていただけると嬉しいです(∩´∀`)∩

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村