独断と偏見で楽しく教育を語る

仕事大好きな現役の小学校教員が、学校やお家で活かせる指導法などを語るブログです。同じ仕事をしている方はもちろん、教員を目指している方、小学生のお子さんがいらっしゃる方(保護者さん)、いろいろな方の参考になればいいなと思います。

【おすすめ本㉙】『1ねん1くみの1にち』【1年生】

f:id:RICO_Ysan:20210405140447j:plain

こんにちは、です。

 

今回は、本をおすすめするシリーズ第29弾です。

 

 

新年度が始まりました。

今週はいよいよ入学式ですね。

そこで、今回も新1年生に贈りたい絵本を紹介します。

 

第29はこちら。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~

『1ねん1くみの1にち』

写真・文:川島 敏生

~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 

 

 

(1)どんなお話?

登校、授業、休み時間など、1年1組の1日の様子を写真で追う絵本です。

定点カメラで撮られた写真や、1点をアップにした写真など、学校の様子がよくわかるようになっています。

忘れ物をしたり、いたずらをしたりと、ストーリー性もあります。

 

(2)おすすめポイント

  • 絵で描いてあるものとは違い、実際の人、ものを見ることが出来るので、小学校がどんなところなのかイメージしやすい。
  • 1日を順に追っていく構成なので、1日の流れをつかむことが出来る。
  • 入学してからも、自分の学校と比べて『同じところ』『違うところ』を探すことが出来る。
  • 「自分の学校ではどう?」と、クラスで話したり、親子で話したりするきっかけになる。

 

(3)まとめ

今回は『1ねん1くみの1にち』という絵本を紹介しました。

この絵本はとても便利で、1年生担任の先生によくおすすめしています。ただ、本当は入学前に読むと1番良いのかもしれません。

学校って楽しいよと伝えられる1冊です。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。
スター、コメント、B!ブックマーク等、とても励みになっております!

頑張って更新しますので、よろしくお願いいたします(∩´∀`)∩

参加しています。クリックしていただけると嬉しいです(∩´∀`)∩

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村