独断と偏見で楽しく教育を語る

仕事大好きな現役の小学校教員が、学校やお家で活かせる指導法などを語るブログです。同じ仕事をしている方はもちろん、教員を目指している方、小学生のお子さんがいらっしゃる方(保護者さん)、いろいろな方の参考になればいいなと思います。

年々涙もろくなるのはどうにかならないものか

f:id:RICO_Ysan:20210321002453j:plain

こんにちは、Yです。

 

卒業シーズンですね。

拝読させていただいているブログの中で、「卒業式でした。」という話題を多く見かけます。

 

実際にはお会いしたことのない方々。

もちろん、娘さん、息子さんの顔や名前も知りません。

それでも、「おめでとう!」という気持ちでいっぱいになります。

ここまで育ててこられたご両親のお気持ち、関わってこられた先生方のお気持ち、そして何より娘さん、息子さん本人の思い、それらを想像して1人涙しております。

本当におめでとうございます。

 

 

しかし、ここ最近涙もろすぎます。

昔から涙もろいタイプではありましたが、最近特にひどい。

ニュースなどでも、悲しい事件を見て泣き、大学の合格発表を見て泣き、夫には呆れられる始末。

先日同僚の先生にお会いする機会があったのですが、担任したことのある人たちが今年卒業で、卒業式の練習の様子を聞くだけでもう涙。

f:id:RICO_Ysan:20210321003916j:plain

Yさんの目はどうかしてしまったのでしょうか。

以前こちらの記事でも書きましたが、自分以外の人のことで感情が高まると泣いてしまう傾向があるようです。

rico-ysan.hatenablog.com

 

 

私の涙腺の話はさておき。

 

今年卒業を迎えられた皆さま、本当におめでとうございます。心からお祝い申し上げます。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。
スター、コメント、B!ブックマーク等、とても励みになっております!

頑張って更新しますので、よろしくお願いいたします(∩´∀`)∩

参加しています。クリックしていただけると嬉しいです(∩´∀`)∩

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村