独断と偏見で楽しく教育を語る

仕事大好きな現役の小学校教員が、学校やお家で活かせる指導法などを語るブログです。同じ仕事をしている方はもちろん、教員を目指している方、小学生のお子さんがいらっしゃる方(保護者さん)、いろいろな方の参考になればいいなと思います。

【おすすめ本㉕】『かわいいおかし』【全学年】

f:id:RICO_Ysan:20210313232249j:plain

こんにちは、です。

 

今回は、本をおすすめするシリーズ第25弾です。

 

今日はホワイトデー

ということで、お菓子の絵本を紹介します。

 

ちなみに我が家は、バレンタインにちょっといいアイスを買ったと以前書きました。

お返しは。

 f:id:RICO_Ysan:20210313233307j:plain

 

本題の第25はこちら。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~

『かわいいおかし』

作:かけひ さとこ

~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 

 

 

(1)どんなお話?

『おいしいおかし』ではなく、『かわいいおかし』。どういうことでしょうか。

最初に登場するのはたい焼きです。

続いて、カメロンパンや鳩サブレー

どこからかじろう?どこから食べよう?

子どもも大人も夢中になるお菓子。

けして味だけが理由ではないということがよくわかります。

 

(2)おすすめポイント

  •  絵がかわいい。
  • 「知ってる!」というお菓子が出てくる。
  • 美味しいよね、かわいいよね、と話のネタになる。
  • 小さいお子さんから小学生くらいまで楽しめる。

 

(3)まとめ

今回は『かわいいおかし』という絵本を紹介しました。

Yさんは、たい焼きの絵がかわいらしくて興味をもちました。どのページも本当にかわいいです。

いつも見ているお菓子ですが、『かわいい』という発想で見ると、また違って見えてきます。

おやつの前に読みたい1冊です。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。
スター、コメント、B!ブックマーク等、とても励みになっております!

頑張って更新しますので、よろしくお願いいたします(∩´∀`)∩

参加しています。クリックしていただけると嬉しいです(∩´∀`)∩

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村