独断と偏見で楽しく教育を語る

仕事大好きな現役の小学校教員が、学校やお家で活かせる指導法などを語るブログです。同じ仕事をしている方はもちろん、教員を目指している方、小学生のお子さんがいらっしゃる方(保護者さん)、いろいろな方の参考になればいいなと思います。

【育児×教員⑧】母が子離れ出来ない話

f:id:RICO_Ysan:20210217141419j:plain

こんにちは、Yです。

 

今日はY子さんシリーズ

いつの間にか【育児×教員】というカテゴリーを作っています。

最近の記事はこちら。

rico-ysan.hatenablog.com

rico-ysan.hatenablog.com

 

先日、どうしても出かけないと行けない用事があり、初めてY子さんと4時間ほど離れました。まだ緊急事態宣言が解除されていないので、Y子さんは夫と留守番です。

 

 

最近は人の区別がつくようになっているY子さん。

母であるYさんがいないと泣くことも多いのですが、今回は夫(Y子さんから見て父)と一緒だったので泣かなかったようです。

 

しかしYさんの方が子離れ出来ず。

LINEでちょくちょく様子を聞いていましたが、心配で心配で…。

(こんなん幼稚園とか行ったら耐えれるの…?)と不安になってしまいました。

 

特に離れる瞬間は辛いものですね。

f:id:RICO_Ysan:20210217141217j:plain

 

 

小学校に入学してきてすぐの1年生って、よく門で泣いてるんですが、保護者の方も辛いでしょうね…。

Yさん、Y子さんがそうなったら離れられる気がしません(親バカ)

担任時代は、「お母さん大丈夫ですよ〜。一緒に教室まで行きますね〜!」なんて言ってましたし、実際早く親の姿が見えなくなった方が泣き止むんです。

それはわかっているんですが、いざ自分の娘となると辛いですね。気が早いですが。

 

この間の怪我の件と言い、母がもっと成長していかないといけまけんね。

それにしても、自分の娘が育つにつれて見えてくることがたくさんあります。

保護者の皆さまもこういう思いをされてきたんだなと、頭が下がります。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。
スター、コメント、B!ブックマーク等、とても励みになっております!

頑張って更新しますので、よろしくお願いいたします(∩´∀`)∩

参加しています。クリックしていただけると嬉しいです(∩´∀`)∩

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村