独断と偏見で楽しく教育を語る

仕事大好きな現役の小学校教員が、学校やお家で活かせる指導法などを語るブログです。同じ仕事をしている方はもちろん、教員を目指している方、小学生のお子さんがいらっしゃる方(保護者さん)、いろいろな方の参考になればいいなと思います。

【育児×教員⑦】災害に対する備えが甘かった話

f:id:RICO_Ysan:20210214231343j:plain

こんにちは、Yです。

 

土曜日に大きな地震がありましたが、皆さんお怪我などございませんでしょうか。

Yさんの住んでいる地域は震源地から遠く、特に被害はありませんでした。

 

 

10年前、東日本大地震が起こってから、小学校でも『防災教育』が盛んに行われています。

Yさんの勤める学校でも、いざというときに動けるように、自分の命を守れるように、を目標に毎年行っていました。

 

また、Yさんのクラスは『総合的な学習の時間』に『防災』をテーマにした学習に取り組んだことがあります。そのときのクラスの人たちが、さまざまな項目について調べて、実践まで行ってくれたので、1年を通して一緒にいろいろ学びました。

 

非常持ち出し品はどのようなものがあるのか調べてみよう

→それらを持って走れるのか実際にやってみよう

→重すぎて無理&そもそも道が平らかどうかわからないよね

→荷物は再検討して、道も確認した方が良くない?

→今は平らだったけど、地震などで道の様子が変わることもあるよね

→……

 

というような感じで、机上での学習だけではなく、自分たちで考え実践していく方法だったので、より災害に備えるための学習になったと思っています。

Yさん自身も、その機会に『非常時の持ち出しリュック』などを用意しました。市販の防災セットも購入しており、ある程度の備えは出来ていると思っていました。

 

しかしです。

土曜日にふと気付きました。

今はY子さんいますよ。

f:id:RICO_Ysan:20210214230905j:plain

 

そういえば、退院するときに「いざというときのために、赤ちゃん連れの避難の仕方も想定しておくといいですよ。」と言われました。

しかし、初めての育児でバタバタして、すっかり頭から抜け落ちていたのです。

 

これはいかん。

この機会にいろいろ揃えなければ。

 

ということで、Y子さん避難グッズも用意しました。

 

  • 使い捨て哺乳瓶
  • 常温保存ミルク
  • 常温保存離乳食
  • 持ち運び用スプーン
  • おむつ
  • おしりふき
  • 着替え
  • タオルケット
  • 歯磨きシート
  • 除菌シート

 

などを購入し、リュックに詰めます。

これでなんとか数日はもちそうです。

 

 

赤ちゃんや高齢の方がいるご家庭は、避難の仕方も持ち出し品も変わってきますよね。担任時代も知識はありましたが、実際に用意してみてようやく実感がわいた感じです。何事も当事者にならないとわからないことがありますね。

 

東北の方ではまだまだ小さな揺れが続いているとのことで、気の休まらない状態かと思います。

お身体を大切にしてくださいね。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。
スター、コメント、B!ブックマーク等、とても励みになっております!

頑張って更新しますので、よろしくお願いいたします(∩´∀`)∩

参加しています。クリックしていただけると嬉しいです(∩´∀`)∩

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村