独断と偏見で楽しく教育を語る

仕事大好きな現役の小学校教員が、学校やお家で活かせる指導法などを語るブログです。同じ仕事をしている方はもちろん、教員を目指している方、小学生のお子さんがいらっしゃる方(保護者さん)、いろいろな方の参考になればいいなと思います。

バレンタイン当日の教員(私)の気持ちを語る

f:id:RICO_Ysan:20210210230118j:plain

こんにちは、Yです。

 

バレンタインといえば2月14日。

今年はちょうど日曜日ですね。

休日は予定があって…という人は、前倒しで明日(2月12日)にチョコを配るかもしれませんね。

 

そこで、バレンタイン当日の教員の気持ちを語ってみたいと思います。

あくまでYさんの場合ですが。

 

 

とりあえず…

『お願いだから学校にチョコレート持ってこないで…!』

 

コレです。

 

 

でもわかってほしい。

「きまりを守りなさい!」とか、「必要ないものを持ってくるなんて!」とか、そういうことだけを言いたいわけではないんです。

当たり前ですが、きまりは守ってほしいんですよ。

でもそれだけじゃないんです。

 

Yさんも、教員であると同時に1人の人間です。

 

クラスの人たちが、「今年チョコ作るねん!」「○○にあげるねん…!(照)」とか言ってるのを聞くと(うへ〜!かわいいな〜!)と思ってしまうのです。

「Y先生はクラスの中で誰にチョコあげたい?」と聞かれたら、内心(なんでやねん。)と思いながらも「え〜、どうしようかな〜。」なんて言って会話を楽しみたいのです。

f:id:RICO_Ysan:20210210230823j:plain

しかし!しかしですよ。

学校には『学習に関係ないものは持って来ない』というきまりがあるのです。

会話だけなら「バレンタイン楽しいね!」で終わりますが、実際に持ってきていた場合、指導者として指導する義務があるのです。

 

(○○くん、喜んでくれるかな?)

(友だちと交換するためにいっぱい作ったぞ!)

なんていう楽しい気持ちを知っていながら、呼び出して指導して放課後まで預からないといけないのです。

 

きまりはきまりですから、許してしまったら、他の『きまりを守っている大多数の人たち』を裏切ることになります。

また、(バレなければいいや。)(自分1人ぐらい守らなくてもいいや。)等の気持ちを助長してしまうことになります。

それらは絶対にあってはならないことです。

だから、厳しく指導します。

 

せっかくの楽しいイベント、学校で叱られてしまう日にしないでほしい。

自分は我慢したのに他の人が持ってきていた!なんて、周りに思わせる日にしないでほしい。

きまりを守った上で、みんなで楽しもうよ!

 

コレが1番の気持ちです。

 

毎年クラスの人には自分の気持ちを話していたので、(覚えているかしら…今年も持って行くんじゃないぞ!)とハラハラしています。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。
スター、コメント、B!ブックマーク等、とても励みになっております!

頑張って更新しますので、よろしくお願いいたします(∩´∀`)∩

参加しています。クリックしていただけると嬉しいです(∩´∀`)∩

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村