独断と偏見で楽しく教育を語る

仕事大好きな現役の小学校教員が、学校やお家で活かせる指導法などを語るブログです。同じ仕事をしている方はもちろん、教員を目指している方、小学生のお子さんがいらっしゃる方(保護者さん)、いろいろな方の参考になればいいなと思います。

【育児×教員⑥】子どもが怪我をするのは本当につらいね

f:id:RICO_Ysan:20210208223918j:plain

こんにちは、Yです。

 

今日はY子さんの成長から考えたことシリーズ

いつの間にかシリーズ化してます。

 

 

過去に書いた記事はこちら。

rico-ysan.hatenablog.com

rico-ysan.hatenablog.com

rico-ysan.hatenablog.com

rico-ysan.hatenablog.com

rico-ysan.hatenablog.com

 

思ったより書いてました。

 

ここから今回の話です。

先日、Y子さんがフローリングで頭をぶつけてしまいました。

普段はベビーマットで遊んでいて、寝返りしてもマットから出ないようにしていました。(まだ寝返りできる方向が片方だけなので。)

万が一反対に寝返っても、すぐにはフローリングに出ないように余裕をもたせていたつもりでした。

ところが、うつ伏せの状態で動いて方向転換するようになり、寝返りにも勢いがついてきていたことで、フローリング側に連続2回転してしまったのです。

あ!と思って手を伸ばしましたが間に合わず、ちょうど2回目の寝返り返りをしたときにフローリングに転がってしまいました。

コンッという音がして、一瞬ビックリした顔をするY子さん。すぐにウワ〜と泣き出しました。慌てて抱き上げるとスンスン言いながらも泣き止み、何事も無かったかのようにまた遊び始めました。

幸い腫れたり赤くなったりはせず、数日経った今も変化無く元気にしています。

しかし、ぶつけた瞬間は血の気が引きましたし、2.3日は気が気ではありませんでした。

f:id:RICO_Ysan:20210208225647j:plain

 

頭の怪我って怖いですよね。

寝返りで打った程度なら大丈夫と聞きますが、それでもしばらくは心配でした。

 

担任時代には、頭をぶつけた人がいた場合『すぐに冷やすこと』『保護者さんにお伝えすること』は必須でした。

お電話で「〜〜で頭をぶつけたので冷やしました。お家でもしばらく様子を見てあげてください。お願いします。」と伝えてきました。

どの保護者さんも「ご丁寧にありがとうございます。気をつけて見ておきます。」と言ってくださいます。

(※すぐに病院へ行くほどでない場合です。)

 

今親の立場になってみると、改めて怖いな〜と思います。

当たり前のようにお伝えしてきましたが、しばらく様子を見るというのも簡単なことではないですよね。

こういう思いにも気づくことが出来て良かったと思います。

 

これから先、怪我をすることなんて何度もあると思いますが…Yさんは耐えられるのでしょうか。

母も強くなっていくんですかね…。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。
スター、コメント、B!ブックマーク等、とても励みになっております!

頑張って更新しますので、よろしくお願いいたします(∩´∀`)∩

参加しています。クリックしていただけると嬉しいです(∩´∀`)∩

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村