独断と偏見で楽しく教育を語る

仕事大好きな現役の小学校教員が、学校やお家で活かせる指導法などを語るブログです。同じ仕事をしている方はもちろん、教員を目指している方、小学生のお子さんがいらっしゃる方(保護者さん)、いろいろな方の参考になればいいなと思います。

【国語・図工】『思い出かるた』で1年をふりかえろう!

f:id:RICO_Ysan:20210115131026j:plain

こんにちは、Yです。

 

今日は、国語・図工・生活・特別活動などで幅広く取り組める『思い出かるた』について紹介したいと思います。

この時期から作り始め、1年の最後にクラスで遊べると楽しいですよ。

Yさんはクラスでしか取り組んだことがありませんが、お家で作っても面白いかもしれません。

 

かるた作りは、以前紹介していた『しりとりシリーズ』と同じように色々な場面で使えるので、また紹介していきたいと思います。

 

 

(1)『思い出かるた』とは?

1年間の思い出を50音分考え、読み札と絵札を作っていきます。

1人で全部作ってもいいのですが、莫大な時間がかかるので、何グループかに分かれて作ることをおすすめします。

クラス全員の思い出作りとして1つのかるたを作る方法もありますが、いざ遊ぶときに1組しかないのでやりづらくなるというデメリットがあります。

f:id:RICO_Ysan:20210115133312j:plain

 

(2)作り始める前に…

何をメインにするかで、どこに重きを置くかが変わってきます。

【国語的な意味合いをメインにしたい場合】

読み札作りに重きを置きます。俳句や短歌を習う学年であれば、読み札に5.7.5などの縛りをつけても面白いです。絵札はあまり大きいサイズにせず、色鉛筆などで描くと良いです。

【図工的な意味合いをメインにしたい場合】

絵札作りに重きを置きます。学年によって、絵の具やクレパス、コンテなど、使わせたい画材を選ぶようにします。この場合、読み札にはあまり縛りをつけない方が良いでしょう。

【思い出作りをメインにしたい場合】

生活科や特別活動の色が強くなります。どちらかと言うと、読み札作りに重きを置きます。数人ずつのグループに分けて、相談しながら読み札を考えるのも良いかもしれません。

 

(3)作ってみよう!

【読み札作り】

同じグループで50音を分担し、それぞれが内容を考えます。同じ行事などが何度出てきても良いものとしておきます。

(例)友だちと/協力したよ/組体操

   運動会/最後の年は/優勝だ!

 【絵札作り】

上記の通り、何をメインにするかで画材が変わってきます。最低限、読み札と絵札が一致するようであればOKとします。

 

(3)まとめ

今回は『思い出かるた』の紹介をしました。

出来上がったらグループごとに対戦をします。他グループのかるたと交換しても楽しいのでおすすめです。遊んでいるうちに、「え?こんなことあったん?」みたいな内容が出てきたり、「この文字で思い出考えるの苦労したな(笑)」と思える読み札があったりして面白いです。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。
スター、コメント、B!ブックマーク等、とても励みになっております!

頑張って更新しますので、よろしくお願いいたします(∩´∀`)∩

参加しています。クリックしていただけると嬉しいです(∩´∀`)∩

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村