独断と偏見で楽しく教育を語る

仕事大好きな現役の小学校教員が、学校やお家で活かせる指導法などを語るブログです。同じ仕事をしている方はもちろん、教員を目指している方、小学生のお子さんがいらっしゃる方(保護者さん)、いろいろな方の参考になればいいなと思います。

【おすすめ本⑮】『うえきばちです』【低学年】

f:id:RICO_Ysan:20210113235234j:plain

こんにちは、Yです。

今回は、本をおすすめするシリーズ第15弾です。

 

第15回はこちら。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~

『うえきばちです』

作:川端 誠

~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

 

(1)どんなお話?

よく見るタイプの茶色い植木鉢。しかし、植えたものはなんと『のっぺらぼう』絵日記風に物語は進んでいきます。『めがでました。』芽?目?

いったいどうなってしまうのでしょうか。

小学生への読み聞かせだと、笑うこと間違いなしです。

(2)おすすめポイント

  • 言葉遊び(ダジャレ)が面白く、語彙が増え始める低学年にぴったり。

  • ダジャレだが「なるほど!」と思ってしまう。

  • 内容にインパクトがあり、次のページが気になる。

  • 絵がシュール。

  • 面白いが、絵や内容に少し恐怖を感じる(かもしれない)
  • 読み聞かせで確実に盛り上がる。

(3)まとめ

今回は『うえきばちです』という絵本を紹介しました。

以前担任していたクラスで、ボランティアの方に読み聞かせをしていただいたときにこの本に出会いました。植木鉢にのっぺらぼうを植えるページで「なんだこの設定…!」と思ったのですが、面白くてYさんが1番ハマりました。その後即購入。

低学年向きとしていますが、高学年でも十分楽しめると思います。絵がシュールなので、大人の方にもおすすめです。笑えますよ。

f:id:RICO_Ysan:20210114000333j:plain

最後まで読んでいただきありがとうございました。
スター、コメント、B!ブックマーク等、とても励みになっております!

頑張って更新しますので、よろしくお願いいたします(∩´∀`)∩

参加しています。クリックしていただけると嬉しいです(∩´∀`)∩

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村