独断と偏見で楽しく教育を語る

仕事大好きな現役の小学校教員が、学校やお家で活かせる指導法などを語るブログです。同じ仕事をしている方はもちろん、教員を目指している方、小学生のお子さんがいらっしゃる方(保護者さん)、いろいろな方の参考になればいいなと思います。

【まとめ】お正月に読みたい絵本10選【おすすめ】

f:id:RICO_Ysan:20210105152526j:plain

こんにちは、Yです。

 

年末から年始にかけて紹介していた『お正月に読みたい絵本』についてまとめます。

記事にはしていない絵本もありますが、ここでは題名と作者、簡単な内容紹介をしていきます。 

f:id:RICO_Ysan:20210107154938j:plain

 

(1)干支に関する絵本

1.『干支のおはなし』

作:内田 麟太郎

絵:山本 孝

そもそも干支はどうしてあるのか、どのようにしてこの動物たちが選ばれたのか干支の由来を楽しく学べる絵本です。

rico-ysan.hatenablog.com

 

2.十二支のはじまり

作:岩崎 京子

絵:二俣 英五郎

「正月の朝、御殿にくるように。」神様の言葉から始まる物語。こちらも干支の由来がよくわかるお話です。

 

3.十二支のはやくち言葉絵本

作・絵:高畠 純

十二支の動物たちが早口言葉で大活躍。声に出して読みたくなる絵本です。

 

(2)おせちに関する絵本

1.おせちのおしょうがつ

 作:ねぎし れいこ

絵:吉田 朋子

おせち料理の由来がわかる絵本です。

rico-ysan.hatenablog.com

 

2.おせちいっかのおしょうがつ

作・絵:わたなべ あや

おせち料理の一家が年末年始に大忙し。絵がとてもかわいらしく、こちらもおせちの由来について学ぶことができます。

 

3.おばあちゃんのおせち

作・絵:野村 たかあき

おばあちゃんから教わる伝統的なおせちのお話。絵が全て版画で描かれています。

 

(3)その他の絵本

1.おもちのきもち

作:かがくい ひろし

お正月に必ず見かける『かがみもち』かがみもちに親しみをもってしまう、そんなお話です。

rico-ysan.hatenablog.com

 

2.あけましておめでとう

作:中川 ひろた

絵:村上 康成

日本のお正月文化について、短い言葉でわかりやすく説明してくれている絵本です。

 

3.しめかざり

作・絵:森 須磨子

お正月に見かける『しめかざり』について、意味や作り方などが詳しくわかる絵本です。

 

4.七ふくじんとおしょうがつ

作:山末 やすえ

絵:伊東 美貴

七福神に関する絵本です。大人でも知らないような知識を得ることが出来ます。

 

(4)まとめ

今回は『お正月に読みたい絵本』についてまとめました。

もちろんまだまだありますが、個人的に面白かった&勉強になった絵本を選びました。

参考にしていただけると幸いです。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。
スター、コメント、B!ブックマーク等、とても励みになっております!

頑張って更新しますので、よろしくお願いいたします(∩´∀`)∩

参加しています。クリックしていただけると嬉しいです(∩´∀`)∩

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村