独断と偏見で楽しく教育を語る

仕事大好きな現役の小学校教員が、学校やお家で活かせる指導法などを語るブログです。同じ仕事をしている方はもちろん、教員を目指している方、小学生のお子さんがいらっしゃる方(保護者さん)、いろいろな方の参考になればいいなと思います。

【おすすめ本⑬】『十二支のおはなし』【全学年】

f:id:RICO_Ysan:20201229224817j:plain

こんにちは、Yです。

今回は、本をおすすめするシリーズ第13弾です。

 

第13回はこちら。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~

『十二支のおはなし』

作:内田 麟太郎

絵:山本 孝

~~~~~~~~~~~~~~~~~~

お正月に読みたい絵本をいくつか紹介していきたいと思います。

 

 

(1)どんなお話?

そもそも干支はどうしてあるのか、どのようにしてこの動物たちが選ばれたのか干支の由来を楽しく学べる絵本です。

十二支に入れなかった動物もいるんですよね。通説に沿った物語で、大人も子どもも一緒に学べます。

(2)おすすめポイント

  • 干支の由来を知ることが出来る。

  • 干支の順番を楽しく覚えることが出来る。

  • 十二支に入らなかった動物についても知ることが出来る。

  • 自分の干支はどのように登場するのか、興味をもって読むことが出来る。

  • 絵は迫力のあるタッチでおもしろい。

(3)まとめ

今回は『十二支のおはなし』という絵本を紹介しました。

Yさんは、幼稚園のときにこの本で干支について学びました。ねずみが1番になった理由に「なるほどな〜。」と思ったことを覚えています。2021年の干支『牛』は1位争いに絡んでいるので、今のこの時期に読むとおもしろいと思います。

クラスで、お家で、一度は読みたい絵本です。

f:id:RICO_Ysan:20201229233142j:plain

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。
スター、コメント、B!ブックマーク等、とても励みになっております!

頑張って更新しますので、よろしくお願いいたします(∩´∀`)∩

参加しています。クリックしていただけると嬉しいです(∩´∀`)∩

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村