独断と偏見で楽しく教育を語る

仕事大好きな現役の小学校教員が、学校やお家で活かせる指導法などを語るブログです。同じ仕事をしている方はもちろん、教員を目指している方、小学生のお子さんがいらっしゃる方(保護者さん)、いろいろな方の参考になればいいなと思います。

【おすすめ本⑩】『ミッケ!』【低学年】

f:id:RICO_Ysan:20201223105154j:plain

こんにちは、Yです。

今回は、本をおすすめするシリーズ第10弾です。

 

過去のおすすめ本はこちら。 第1回・第2回はブログ初期に書いたので、ここでもう1回宣伝します。

rico-ysan.hatenablog.com

rico-ysan.hatenablog.com

 

第10回はこちら。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~

『ミッケ!』

文:ジーン・マルゾーロ

写真:ウォルター・ウィック

訳:糸井 重里

~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

 

(1)どんなお話?

こちらは物語ではありません。それぞれのページで隠れているものを探す絵本です。ウォーリーを探せみたいな感じですね。

低学年におすすめとしていますが、「これが見つけられへん。」と持ってこられたときに、Yさんもなかなか見つけられないことがありました。なので、大人でも結構楽しめます。

f:id:RICO_Ysan:20201223111119j:plain

(2)おすすめポイント

  • イラストではなく写真が使われていて、どのページも美しい。

  • 並べられているおもちゃなどが可愛らしく、どのページも見ているだけで楽しい。

  • 幼児から大人まで楽しみながら探すことが出来る。

  • シリーズ発行されているので、他のものも読みたくなる。

  • 友だちや家族と一緒に探せるので、それもまた楽しい。

(3)まとめ

今回は『ミッケ!』という絵本を紹介しました。

低学年の教室に置いておくと、間違いなく取り合いになるほどの人気っぷりです。みんなが見つけられないものを見つけている人はヒーロー扱いです。学校の図書室で借りて気に入ったので、家で別のシリーズを購入したという話もよく聞きます。写真が綺麗なので、大人のYさんもクラスの人と一緒によく見ていました。

ウォーリーを探せパターンの本はたくさん出版されていますが、その中でも『ミッケ!』シリーズはおすすめです。本が苦手な人も手に取りやすい1冊です。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。
スター、コメント、B!ブックマーク等、とても励みになっております!

頑張って更新しますので、よろしくお願いいたします(∩´∀`)∩

参加しています。クリックしていただけると嬉しいです(∩´∀`)∩

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村