独断と偏見で楽しく教育を語る

仕事大好きな現役の小学校教員が、学校やお家で活かせる指導法などを語るブログです。同じ仕事をしている方はもちろん、教員を目指している方、小学生のお子さんがいらっしゃる方(保護者さん)、いろいろな方の参考になればいいなと思います。

【おすすめ本⑨】『となりのせきの ますだくん』【低学年】

f:id:RICO_Ysan:20201216231133j:plain

こんにちは、Yです。

今回は、本をおすすめするシリーズ第9弾です。

 

過去のおすすめ本はこちら。 第1回・第2回はブログ初期に書いたので、ここでもう1回宣伝します。

rico-ysan.hatenablog.com

rico-ysan.hatenablog.com

 

第9回はこちら。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~

『となりのせきの ますだくん』

作・絵:武田 美穂

~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

 

(1)どんなお話?

 小学校に入学したみほちゃんは、となりのせきのますだくんが怖くてたまりません。怖さのあまり、ますだくんが怪獣に見えてしまうほどです。いろいろと意地悪をしてくるますだくんですが、実は優しいところもあって…。

入学したての1年生や、少し成長した2年生におすすめです。

低学年男子を想像しながら読むと、大人でも少しにやけてしまう1冊です。 

(2)おすすめポイント

  • 主人公のみほちゃんが1年生なので、感情移入しやすい。
  • 学校が舞台なので、イメージが広がりやすい。
  • 意地悪してくるお友だちも、実は優しいところがあるのかもしれないと考えることができる。
  • (大人目線では)気になる女の子に意地悪しちゃう男の子いたよね、とにやにやしてしまう。 

f:id:RICO_Ysan:20201216232344j:plain

(3)まとめ

今回は『となりのせきの ますだくん』という絵本を紹介しました。

Yさんが低学年のときによく読んでいた絵本です。ちょうど隣の席の男の子がますだくんみたいな人で、困っていたときに出会った1冊でした。この本を読んでから、少し隣の男の子の見方が変わって、それまでより仲良くやれるようになったことも覚えています。

クラスに1人はいそうなますだくん、とてもかわいいです。ぜひ読んでみてください。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。
スター、コメント、B!ブックマーク等、とても励みになっております!

頑張って更新しますので、よろしくお願いいたします(∩´∀`)∩

参加しています。クリックしていただけると嬉しいです(∩´∀`)∩

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村