独断と偏見で楽しく教育を語る

仕事大好きな現役の小学校教員が、学校やお家で活かせる指導法などを語るブログです。同じ仕事をしている方はもちろん、教員を目指している方、小学生のお子さんがいらっしゃる方(保護者さん)、いろいろな方の参考になればいいなと思います。

【育児×教員①】小さな『出来た』を見逃さないようにしたいね

f:id:RICO_Ysan:20201126232440j:plain

 こんにちは、Yです。

 

何度か書いていますが、Yさんは小学校教員で現在育休中です。

娘はまだ乳児です。

初の子育てでふと考えることがあったので、今回はそれについて語ります。

 

 

乳児の娘、日に日に成長しているのがわかります。

寝ていただけの新生児時代と違って、目が合うと笑い、何でも掴みたがり、1日中何かしゃべり…こちらが変化についていけないほどです。

 

こうした変化を捉えて、どんな小さなことでも『出来た』を見逃さないようにしたいな~と感じていたYさん。

そういえば担任時代もそうだったなと思い出しました。

 

クラスには30人前後の人がいるわけで、1人ひとり『出来た』の内容もタイミングも違います。

授業中椅子に座っていることが『出来た』、友だちに「ごめんね。」と言うことが『出来た』、今日は学校に来ることが『出来た』、嫌いなものを一口食べることが『出来た』。

周りの人と比べると小さな『出来た』であっても、その人個人にとっては大切な『出来た』です。

それを見逃さないように、と意識していました。

 

現在乳児の娘、これからたくさんの『出来た』があるはずです。

私たち大人にとっては小さな『出来た』であっても、小さな娘にとっては大きな『出来た』かもしれません。

また、同年代のお友だちにとっては小さな『出来た』であっても、娘にとっては大切な『出来た』かもしれません。

 

そういったことを見逃さない親でありたいと、担任時代を思い返しながら考えております。

f:id:RICO_Ysan:20201127013859j:plain

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。
スター、コメント、B!ブックマーク等、とても励みになっております!

頑張って更新しますので、よろしくお願いいたします(∩´∀`)∩

参加しています。クリックしていただけると嬉しいです(∩´∀`)∩

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村