独断と偏見で楽しく教育を語る

仕事大好きな現役の小学校教員が、学校やお家で活かせる指導法などを語るブログです。同じ仕事をしている方はもちろん、教員を目指している方、小学生のお子さんがいらっしゃる方(保護者さん)、いろいろな方の参考になればいいなと思います。

【おすすめ本⑥】『だるまちゃんとてんぐちゃん』【全学年】

f:id:RICO_Ysan:20201117010544j:plain

こんにちは、Yです。

 今回は、本をおすすめするシリーズ第6弾です。

 

過去のおすすめ本はこちら。 第1回はブログ初期に書いたので、ここでもう1回宣伝します。

rico-ysan.hatenablog.com

 

第6回はこちら。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~

『だるまちゃんとてんぐちゃん』

作・絵:加古 里子

~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

 

(1)どんなお話?

 

主人公はだるまの男の子。お友だちのてんぐちゃんと遊んでいると、てんぐちゃんの持っているうちわが気になりました。お家に帰って「てんぐちゃんのようなうちわがほしいよう。」と言います。すると、お父さんが張り切って家中のうちわを出してくれたのですが、全部思っているようなうちわとは違います。だるまちゃんはいろいろ考え、てんぐちゃんのうちわにそっくりなものを見つけます。しかし今度はてんちゃんの帽子が気になってしまい…。

なんでも欲しくなってしまうだるまちゃんと、優しいお父さん。お父さんが出してくるものと、だるまちゃんのアイデアがおもしろい1冊です。

(2)おすすめポイント

  • 読み聞かせにぴったり。
  • 登場するキャラクターがユーモラスでかわいらしい。
  • お父さんが出してくるものがずらっと並べられるので、見ていて面白い。
  • 自分ならどんなもので代用するかと考えられる。
  • 別のもので「見立てる」という行為を学ぶことができる。
  • シリーズものなので、読書の機会を増やすことができる。

 

(3)まとめ

今回は『だるまちゃんとてんぐちゃん』という絵本を紹介しました。

絵がかわいらしいというところから好きになった絵本です。ユーモアのあるかわいらしさなので、高学年も楽しめると思います。特にお父さんが出してきたものがずらっと並んでいるページは、細かいところまで見るととても面白いです。

シリーズものというところも良いですね。この本を気に入った人は他のだるまちゃんシリーズも読もうとするので、読書の機会が増えます。

学校でもお家でも楽しめる1冊です

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。
参考になった、ここをもう少し詳しく!、○○について語ってほしい、などなど、コメントいただけると励みになります( ´ ▽ ` )

頑張って更新しますので、よろしくお願いいたします(´ω`)

参加しています。クリックしていただけると嬉しいです(´ω`)

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村