独断と偏見で楽しく教育を語る

仕事大好きな現役の小学校教員が、学校やお家で活かせる指導法などを語るブログです。同じ仕事をしている方はもちろん、教員を目指している方、小学生のお子さんがいらっしゃる方(保護者さん)、いろいろな方の参考になればいいなと思います。

独身の先生の良さと、子どもがいる先生の良さ

f:id:RICO_Ysan:20201111010645j:plain
こんにちは、です。

今日はYさんが育休中に考えていることを少し…。

この点について考えたことがある人、Yさん以外にもいると思うのですが。

 

独身の先生の良さと、子どもがいる先生の良さ。

(Yさんは女なので、女性の場合だと思って読んでください。)

結論から言うと、どっちにも良さがあるんですよね。

だから、どっちが良いとか悪いとか、そういう問題ではないのです。

結論、大切なのは本人の人間性ですね。

(結論出たけど読み進めてほしいです。)

それは前提として、あえてこの点について語ってみます。 

 

 

Yさんは教員として働き出す前に、(若いうちは「子どもを育てたこともないくせに!」と保護者さんから言われるのではないか…。)とヒヤヒヤしておりました。

子どもを産む前に10年弱働きましたが、幸いそんなことは1度も言われず、全てのクラスで温かい保護者さんと関わらせていただいてきました。

しかし、実際に若い後輩がそう言われている姿は見てきました。

その当時は、(子どもは産んでないけど、教員として経験を積んでいるんだからそんなこと言わなくても…どうしようもないことじゃない…。)と思っておりました。

 

そして現在、子どもが生まれ、母になったYさん。

育休前の担任時代、精一杯やってきたつもりだったけれど、全然クラスの人や保護者さんに寄り添えていなかったのではないかと反省しました。

自分の子が小学生になったときをイメージすると、担任としてもっとこんなふうにした方がよかったんじゃないかとか、あのとき厳しいこと言ってしまったなあ…とか、今までのクラスの人に対して、いろいろ思うことがありました。

母親という立場になってみないとわからないことがたくさんあったのです。

 

そんな感じで反省の日々を過ごしていたYさんでしたが、先日、独身時代に一緒に仕事をさせていただいた学年主任の先生とお話する機会がありました。

Yさんが反省の日々を過ごしている旨を伝えると、その先生は笑って

「あなたは独身の先生の良いところを100%発揮していたじゃない。子持ちの私には出来ないことをたくさんしていたよ。これからは子持ちの先生の良いところを100%発揮しなさい。どちらにも良さはあるんだから。」

と言ってくださったのです。

 

Yさん感涙。

 

そうなんですよね。

 

独身の先生の良いところって、自分の全てをクラスの人たちに捧げることができるところだと思います。少なくともYさんはそうでした。親の気持ちがまだわからない分、多少の粗さはあったかもしれないけれど、時間も、労力も、思いも、全てをクラスの人のために使ってきました。(あくまでYさんの場合です。独身の先生はこうしろと言っているわけではないですよ。)

 

では、子どもがいる先生の良いところは?

Yさんは復職したらどういう良さを発揮していけばいいの?

それはやはり、上にも書いた通り、母親の気持ちがわかるというところでしょうか。クラスの人は、みんな誰かの大切な子どもです。今Yさんが育てている娘のように、新生児期から乳児、幼児を経て小学生になっているのです。そう考えると、教員としての基本スタンスを変えるつもりはありませんが、選ぶ言葉や指導のタイミングは少し変わりそうな気がします。

また、Yさんは普段から涙もろいので、行事のたびにハンカチが必要になるのですが、親の気持ちを考えてさらに涙もろくなりそうです。余談ですが。

 

以上のように、経験も踏まえていろいろ考えております。

結論は…初めにも書いた通り、独身の先生か子どもがいる先生かで良い悪いが決まるのではなく、まずは人間性が大事よということですね。(結局これ)

 

仕事大好きなYさん、実は入院中に助産師さんにも言われているんですよ。「仕事に戻りたくて焦る気持ちはわかるけれど、母親の立場になって初めてわかることもあるんだから、まずは子育てを楽しみなさいね。」と。はいその通りです。

しばらくは娘の成長を見守って、復職した際には子どもがいる先生の良さを発揮していきたいな~と考えております。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。
参考になった、ここをもう少し詳しく!、○○について語ってほしい、などなど、コメントいただけると励みになります( ´ ▽ ` )

頑張って更新しますので、よろしくお願いいたします(´ω`)

参加しています。クリックしていただけると嬉しいです(´ω`)

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村