独断と偏見で楽しく教育を語る

仕事大好きな現役の小学校教員が、学校やお家で活かせる指導法などを語るブログです。同じ仕事をしている方はもちろん、教員を目指している方、小学生のお子さんがいらっしゃる方(保護者さん)、いろいろな方の参考になればいいなと思います。

【おすすめ本②】『ぼちぼちいこか』【全学年】

f:id:RICO_Ysan:20201025234418j:plain

こんにちは、です。

今回は、本をおすすめするシリーズ第2弾です。

 

第1回はこちらをご覧ください。

rico-ysan.hatenablog.com

 

第2回はこちら。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~

『ぼちぼちいこか』

作:マイク・セイラー

絵:ロバート・グロスマン

訳:今江 祥智

~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

 

(1)どんなお話?

大きなかばくんがいろいろな職業に挑戦するのですが、もろもろの理由ですべて失敗に終わってしまいます。失敗しても次々挑戦するかばくんが愛らしく、笑ってしまうけれど応援したくなります。焦ったり悩んだりすることはあるけれど、まあぼちぼちいこかと思えるお話です。

 

(2)おすすめポイント

  • かばくんのイラストが愛らしい。失敗したときの表情が特に良い。
  • 失敗する理由が、毎回「そうなるか…」と笑える。
  • ごてごての関西弁で書かれているので、それだけで小学生にとっては面白い。
  • 焦らなくていいよね、のんびりいこうよ、というメッセージを読み手に伝えることができる。
  • 1文が短く文章量が少ないので、低学年の人たちが読みやすい。しかし、関西弁で書かれていて面白さを感じたり、メッセージ性があったりするため、高学年でも楽しめる。全学年向き。

 

(3)まとめ

今回は『ぼちぼちいこか』という絵本を紹介しました。どの学年でも楽しむことができるので、1冊持っていて損はないと思います。Yさんも子どもの頃から読んでいて、とても印象に残っている本です。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。
参考になった、ここをもう少し詳しく!、○○について語ってほしい、などなど、コメントいただけると励みになります( ´ ▽ ` )

頑張って更新しますので、よろしくお願いいたします(´ω`)

参加しています。クリックしていただけると嬉しいです(´ω`)

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村