独断と偏見で楽しく教育を語る

仕事大好きな現役の小学校教員が、学校やお家で活かせる指導法などを語るブログです。同じ仕事をしている方はもちろん、教員を目指している方、小学生のお子さんがいらっしゃる方(保護者さん)、いろいろな方の参考になればいいなと思います。

Vリーグ開幕!教育に担任のパーソナリティは必要か

f:id:RICO_Ysan:20201018005130j:plain

こんにちは、です。

今日は完全に趣味の話、と言いたいところですが…

『教育を語る』が趣旨なので、教育と絡めて語っていきます。

限界がきたらその時考えます(おい)

 

昨日からVリーグが始まりました。

Yさん、学生時代はテニス部のくせに、1番好きなスポーツはバレーです。

見るのもするのもバレーが1番好きです。

Vリーグを見るためだけに、DAZNを契約しているほどです。

アテネオリンピックでハマって以来、オリンピックのみならず、大きな大会はかかさず見てきました。

女子バレーがずっと好きでしたが、昨年から男子が強くなってきて、男子の試合も見るようになりました。西田くんすごいよ西田くん。

ちなみに好きな選手は、久光スプリングスの石井優希選手と、岡山シーガルズ宮下遥選手です。

f:id:RICO_Ysan:20201018012306j:plain

今日の久光の試合は感動でした。

久しぶりに長岡選手か復帰して、野本選手もスタメンで、石井選手の同期3人で一緒にコートに立っていましたね。

Yさん1人でうるうるしてしまいました。

 

 

さてここから本題です。

昨年はワールドカップが開催されていたので、その時期の学級通信は『Yさんのつぶやき』コーナーがかなり増えていました。(バレーのことばかり書くから)

そうすると「それってどうなの?」と言われることが少なからずあります。

クラスのことに関係ないじゃんということですよね。

考え方はいろいろあると思いますが、私はアリだと思っています。

 

少し話がそれますが、私はあまり『子ども』という言葉を使いません

便宜上『子どもたち』と言うことはありますが、基本的には『クラスの人』と言います。

なぜかというと、年齢に関係なく、クラスの人とも人間としての付き合いをしている感覚だからです。

 

初めて会う人と、どうやってお互いを理解していくかと考えると、やはりお互いを知るところから始めると思います。

だからこそ私は、趣味の話もどんどんしていくのです。

 

でも、それならクラスで話すだけで学級通信じゃなくていいじゃない

という考えもあるでしょう。

しかし、私はそうは思いません。

私たち教師が付き合っていくのは、クラスの人たちだけではないのです。

クラスの人たちの保護者の皆さまも、教師が付き合っていく人たちなんです。

保護者の皆さまのことも考え、協力していかなければ、本当に良い教育はできないと私は考えています。

だからこそ、保護者の皆さまも読んでくださる学級通信を使うのです。

 

担任にパーソナリティは必要か。

私は大いに必要だと思います。

 

以前、教育実習生さんが来られたときに、クラスの人たちが自己紹介をしました。

その際、私は一言ずつ「〇〇さんは~が得意なんですよ。」「〇〇さんは~がすごく好きなんですよ。」と付け加えていました。

実習生さんは、(よく見ている先生だな。)と思ってくださったそうです。

しかし、担任の私が自己紹介をするときに、名前だけ伝えて「先生がどんな人かはみんなが説明して。」と言ったら(私はいつもそうします)、次々にクラスの人たちが話し出して、(ああ、このクラスはこれが普通なのか。)と思い直してくださったそうです。

「Y先生はバレーが好きです。石井選手の話ばっかりするので名前を覚えました。」

「Y先生はねこが好きで、よく絵を描いています。」

「Y先生は自転車で学校まで来ていて、出張も自転車で行くので大変です。」

「Y先生はカルボナーラが好きなのに、給食に出ないから悲しんでいます。」

などなど、私の情報をクラスの人たちはペラペラと話すのです。

それも、とても嬉しそうな顔で。

 

 

お互いのことを知っている、というのは、付き合っていく上でとても大切なことです。

普段の生活を考えると、よく知らない人と良い関係を築けないのは当然のことです。

 

小学校は、教育の場であり、社会生活を送る場でもあります。

小学生は、人格が形成されていく大切な時期です。

だからこそ、小学校の先生は、パーソナリティ、『人間味』という部分もとても大切なのではないでしょうか。

 

保護者の皆さまも、よく話しかけてくださいます。

よく知らない先生と、なんとなくいくつか情報を知っている先生だと、話しかけるハードルの高さが変わりますよね。

話しかけやすいどうでもいい話もできる、ということは、大事な話もしやすいのです。

 

学級通信については以下の記事に詳しくまとめておりますので、ぜひ合わせてお読みください。

rico-ysan.hatenablog.com

rico-ysan.hatenablog.com

rico-ysan.hatenablog.com

 

 

ここまで書いていて、あまりバレーの話ができていないことに気が付きました。

石井選手や宮下選手のことめちゃくちゃ好きなんですが、教育オタクすぎて、すぐそっち方面に熱くなってしまうようです(-"- )

悪い癖です。

しばらくVリーグを楽しみつつ、ここでもゆるく語っていきたいと思います。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。
参考になった、ここをもう少し詳しく!、○○について語ってほしい、などなど、コメントいただけると励みになります( ´ ▽ ` )

頑張って更新しますので、よろしくお願いいたします(´ω`)

参加しています。クリックしていただけると嬉しいです(´ω`)

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村