独断と偏見で楽しく教育を語る

仕事大好きな現役の小学校教員が、学校やお家で活かせる指導法などを語るブログです。同じ仕事をしている方はもちろん、教員を目指している方、小学生のお子さんがいらっしゃる方(保護者さん)、いろいろな方の参考になればいいなと思います。

【絵画①】1年生:初めが肝心!クレパス指導で必ず押さえるべきポイント2+4選!

f:id:RICO_Ysan:20201013003003j:plain

某児童「クレパス難しい~。」

某児童「色が混ざるから嫌や~。」

某後輩「Y先生~。クレパス教えるの難しいです~。自由にさせすぎて大変なことに…。」

 

こんにちは、です。

上記のような声、本っ当によく聞きます。クレパス難しいですよね~。

クレパスって太いし、消せないし、色が混ざるし…。

1年生は手がクレパスまみれになって、いろんなところが汚れるし…。

うーん、大変です。

f:id:RICO_Ysan:20201013171506j:plain

しかし!

初めにポイントを押さえてしまうと、後の指導がぐっと楽になります

 

初めに断っておきますと…

Yさん、図工が大好きなのでつらつら語りますが、ズブの素人です。

完全に自分が教えてきた感覚のみで、必要だったこと、後々まで役に立ったことに絞って紹介していきます。

専門的なことは言えませんので、かえって簡単かもしれません

図工でお悩みの先生方、学生さん、保護者の皆さま、ぜひ読んでみてください(∩´∀`)∩

 

 

 

(1)クレパスを使う前に指導すること2選

さあ絵を描くぞ!と、いきなり画用紙を渡してはいけません。

実は、その前に指導しておかないといけないことがあるのです。

クレパスをしまう場所を固定する

そんなことから!?と思うかもしれませんが、これが結構重要なんです。まずはこの写真を見てください。

f:id:RICO_Ysan:20201012232110j:plain

ケースにかなり色がついていることがわかります。
お道具箱に入れている以上、ケースが汚れることは避けられません。そのため、しまう場所がその都度変わると、1本のクレパスにたくさんの色がついてしまうのです。

必ず決まった場所にしまうことを徹底させましょう。

 

クレパスの先をきれいにする

クレパスの先に注目します。こんな感じで他の色がついていませんか?

f:id:RICO_Ysan:20201012232544j:plain

このまま絵を描き始めると、初めから色が混ざった状態になってしまいます。

そうならないために、必ずティッシュできれいにふき取っておきますクレパスの先をティッシュで包み、クレパスを回すようにしてふき取るときれいに取れます。

f:id:RICO_Ysan:20201012232756j:plain

描き始める前に、必ずクレパスの先をこの状態にしておきましょう。

 

(2)クレパスを使う時に指導すること4選

いよいよ描くときの指導ポイントです。

以下の4点を必ず押さえるようにしましょう。この4点を指導できて、かつ楽しめるような教材を用意しておくといいですよ。(私は時期的なことも考えて、『こいのぼりの鱗の色塗り』なんかを題材にしています。)

①はみ出さずに塗る

 基本中の基本です。

クレパスに限った話ではないのですが、まずは『はみ出さずに』塗っていることが大切です。それだけで絵のクオリティがぐっと上がります。

まずは塗る箇所の周りを縁取りします

f:id:RICO_Ysan:20201012234907j:plain
f:id:RICO_Ysan:20201012234920j:plain

次に、縁取りより外に出ないように、手首を使ってせまい範囲で塗っていきます

f:id:RICO_Ysan:20201012235009j:plain
f:id:RICO_Ysan:20201012235020j:plain

これで完成です。

 

②白いところがなくなるように塗る

 これも基本です。

『白いところがない』絵は、『はみ出さずに塗っている』絵と同様、クオリティがぐっと上がります。

これは、まだ白いところがある状態です。

f:id:RICO_Ysan:20201012235305j:plain

『白いところがない』ように少しずつ塗っていきます。

f:id:RICO_Ysan:20201012235501j:plain
f:id:RICO_Ysan:20201012235510j:plain

これで完成です。

よく「しっかり塗りなさい。」「ちゃんと塗りなさい。」と言っている先生を見ますが、これでは指導になりません。もっと具体的な言葉が必要です。そこで、私はいつも「白いところがなくなるまで塗りつぶしてね。」と伝えます。そうすると、ピュアな1年生たちはこれでもか!というくらい塗ってくれますよ(かわいい)。

 

③薄い色から塗る

基本の中でも少し難しいのがこれです。

クレパスというのは、少し気を抜くと他の色と混ざってしまうのです。かわいらしい女の子の絵なのに、肌の部分に黒が混ざってしまっている…なんてことがよく起こります。

そこで私が徹底しているのは、『必ず薄い色から塗る!』ということです。

黄色や肌色などの薄い色から塗っておくと、上から濃い色を重ねて塗っても違和感がないからです。言わずもがな、黒は最後です。

試しに黄色と黒で〇を塗ってみました。

黄色から塗った場合がこれ。

f:id:RICO_Ysan:20201012235735j:plain
f:id:RICO_Ysan:20201012235747j:plain

色の境目もきれいですね。

黄色を少し大きめに描いておいて、黒を上に重ねるように塗ると境目がきれいになります。

 

続いて、黒から塗った場合がこれ。

f:id:RICO_Ysan:20201012235828j:plain
f:id:RICO_Ysan:20201012235840j:plain

うーん、汚い。

完全に色が混ざっていますし、境目も塗れていない場所があって見た目が良くないです。

初めは「どっちの色が薄い?」という質問が頻出しますが(かわいい)、そのうち慣れるのでしばらくは付き合ってあげてください。

 

④こまめにカスをふき取る

 これは案外やっていない人が多いです。

クレパスで色を塗っていると、こうなります。

f:id:RICO_Ysan:20201013000321j:plain

このカスが曲者です。

このカスが手につく→その手を画用紙の上に置く→画用紙が汚れる、ということが頻繁に起きるのです。

このカスをクレパスにくっつけて回収し、こまめにティッシュでふき取りましょう。

f:id:RICO_Ysan:20201013000755j:plain

それをしておくだけで、画用紙の汚れをかなり防ぐことができます。

 

 

(3)まとめ

クレパスを使う前に指導すること2選+クレパスを使う時に指導すること4選、合計6つのポイントを紹介しました。

このポイントを初めに押さえておくだけで、その後の指導が楽になります。もちろん、1回では上手になりませんが、『初めから』指導しておくということが大切です。字の指導と同じく根気よく指導していきましょう。

今後、クレパスシリーズで『人物の描き方』『四つ切画用紙に描いてみよう!』なども紹介していく予定です。また読みにきてくださいね(´艸`*)

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。
参考になった、ここをもう少し詳しく!、○○について語ってほしい、などなど、コメントいただけると励みになります( ´ ▽ ` )

頑張って更新しますので、よろしくお願いいたします(´ω`)

参加しています。クリックしていただけると嬉しいです(´ω`)

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村