独断と偏見で楽しく教育を語る

仕事大好きな現役の小学校教員が、学校やお家で活かせる指導法などを語るブログです。同じ仕事をしている方はもちろん、教員を目指している方、小学生のお子さんがいらっしゃる方(保護者さん)、いろいろな方の参考になればいいなと思います。

【小ネタ集②】算数:繰り上がり繰り下がりの計算を得意に!10でドン!

f:id:RICO_Ysan:20201010195259j:plain

こんにちは、です。

前回に引き続き、誰でも明日から使える小ネタを紹介していくシリーズです。

長文記事を書くのに疲(略)

 

第2回は、低学年に大人気のゲーム『10でドン!』です。低学年向きと思っていますが、以前5年生でも大盛り上がりしたことがあるので(おい)全学年できるのか…。

 

それはさておき。

低学年で躓きやすいのが、繰り上がり繰り下がりのある計算です。実はこれ、頭の中で10をさっとつくれるようになると、だい~ぶ楽になります。「1」なら「9」、「2」なら「8」がさっと出てくるかどうかということです。私は、低学年にはとにかくこの『10をつくる』練習をさせます。その中で特に盛り上がるのが、今回紹介する『10でドン!』です。

クラスでもお家でも簡単にできるので、ぜひやってみてください

 

 

(1)10でドン!とは

2つの数を組み合わせて、10をつくるゲームです。

【準備物】1~9のカード(A4サイズ程度) × 2セット

1~9のカードから1枚を選び黒板にはります。選んだカードの隣に1~9のカードをどんどん出していきます。2枚のカードで10ができたら「ドン!」と叫びます。

f:id:RICO_Ysan:20201010010430p:plain

(2)ルール説明(Yさんのクラスでは…)

1.出題者がカードを1枚選んで黒板にはる。

f:id:RICO_Ysan:20201010011138j:plain

2.組み合わせるカードを順番に出していく。

f:id:RICO_Ysan:20201010011152j:plain
f:id:RICO_Ysan:20201010011145j:plain

3.組み合わせて10になったときに、すかさず「ドン!」と言う。

f:id:RICO_Ysan:20201010011201j:plain

4.次の出題者を指名して交代する。

 

(3)まとめ

今回は、繰り上がり繰り下がりの計算に役立つ10づくりのゲーム『10でドン!』を紹介しました。

簡単なゲームですが、「ドン!」と言いたいがために本気になります。「ドン!」を他の言葉に変えても盛り上がりますよ。

何が出てきたら「ドン!」と言えるのだろう…と考えているうちに10をつくることが得意になります。ぜひやってみてください。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。
参考になった、ここをもう少し詳しく!、○○について語ってほしい、などなど、コメントいただけると励みになります( ´ ▽ ` )

頑張って更新しますので、よろしくお願いいたします(´ω`)

参加しています。クリックしていただけると嬉しいです(´ω`)

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村